[ SPECIAL ]

Xcode 4.1

iOS シミュレーターが Attaching のまま進まない

2011/08/26 Tomohiro Kumagai

□ iOS シミュレータでのデバッグ時にアプリをアタッチできない場合

Xcode4 で iPhone アプリを制作していて、いざ iOS シミュレーターで動作させてみようとしたところ、ビルドは正しく終わるものの、いざ iOS シミュレーターへ転送されるタイミングで "Attaching to プロジェクト名" という感じの表示まま、先へ進まなくなってしまいました。

iOS シミュレーターへのアタッチ処理が終わらない。

これはどうやら、"Run" スキームの "Launch" の設定が "Automatically" になっていないことが原因のようでした。

 

これを調整するためには、アップルメニューの "Product" から "Edit Scheme..." を選択します。

Xcode4 で Run スキームの設定を調整する。

そして、左側のメニューから "Run" スキームを選択して、右側の "Info" タブの中の "Launch" の設定を "Automatically" に設定します。

Run スキームの Launch 設定を Automatically に設定する。

どうやらここが "Wait for プロダクト名 to launch" に設定されていると、iOS シミュレーターへのアタッチ時に待たされてしまうような感じでした。

このように "Automatically" に設定することで、iOS シミュレーターにアタッチされて、起動してくれるようになりました。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.