[ SPECIAL ]

Xcode 4.1

Xcode4 で iPhone アプリをリリースする

2011/08/31 Tomohiro Kumagai

□ iTunes Connect へ Xcode4 からアプリをアップロードする

これまで Xcode3 で iPhone アプリを iTunes Connect へアップロードしていたのですけど、開発環境を Xcode4 に変えてみたところ、勝手が少し変わってきましたので、整理しておこうと思います。

見え方ややり方がけっこう変わるので最初は戸惑いましたけど、終わってみれば、本質的な手順は Xcode3 + Application Loader による手順とほとんど変わらないような感じもします。

初回のみに必要な準備

まず、今回が初めてのリリースであれば、Xcode3 と同様、Xcode4 でも、プロジェクトにリリース用のビルド構成を作成します。

Xcode4 の場合は、プロジェクト名を選択して、その "PROJECT" の "Info" タブを選択します。そして、その "Configurations" のところの [ + ] ボタンをクリックしたら、「Dupplicate "Release" Configuration」を選択します。

Release 構成を複製して Distribution 構成を作成します。

"Release" 構成を複製して、それに "Distribution" という名前を付けたら、その構成設定を微調整して行きます。

 

まずは、作成した "Distribution" 構成に、iTunes Connect へのリリース用の "Distribution" プロビジョニングプロファイルを登録します。

それには、プロジェクト名を選択して、その "TARGETS" の "Build Settings" タブの中にある "Code Signing" の設定を調整します。

Distribution 構成に Distribution プロビジョニングプロファイルを設定します。

ここの "Code Signing Identity" のところで、"Distribution" に設定するコード署名を、iOS Provisioning Potal で取得しておいた Distribution 用のプロビジョニングプロファイルを指定します。

 

続いて、アップルメニューの "Product" から "Edit Scheme..." を選択します。

作成した Distribution 構成を調整します。

すると、ビルド構成の調整画面が表示されます。

ここで、"Archive" スキームの "Build Configuration" として、先ほど作成した "Distribution" を設定しておきます。

Archive スキームのビルド構成を Distribution に変更します。

Xcode3 では、簡単にビルド構成を変更することができましたけど、Xcode4 ではビルド構成は "Build", "Run", "Test", "Profile", "Archive" という "スキーム" で管理されているために、このような手順が必要になっているようです。

これで、プロジェクト毎に最初の 1 度だけ必要となる準備作業が完了しました。

リリースの度に必要となる作業

リリースの準備が整ったら、リリースしたいソースコードを "Archive" スキームでビルドします。

ソースコードを Archive スキームでビルドします。

アップルメニューの "Product" から "Archive" を実行すると、Archive スキームでのビルド手続きが開始されて、それが完了すると Organizer が起動しました。

Archive ビルドが終了して、Organizer に結果が登録されました。

ここで【Validate】ボタンをクリックすると、"Please provide your iTunes Connect login credentials" という認証画面が表示されました。

Organizer から iTunes Connect へアクセスするための認証情報を入力します。

iTunes Connect へログインするためのアカウントとパスワードを入力したら【Next】ボタンをクリックすると、続いて、どのアプリケーション用のバイナリかを選択する画面が表示されます。

iTunes Connect のどのアプリケーション用のバイナリとするかを選択します。

もしここで、"No suitable application records ware found." と表示されてしまう場合には、iTunes Connect の方で "Waiting For Upload" になっているアプリがないことが原因のようでした。

その場合には、まず iTunes Connect でアプリの新規または更新の手続きを進めた上で、バイナリをアップロードする段階になったところで、改めて Organizer からの Validate 手続きを行います。

 

"Application" のところで対象となるアプリ名を選択して、"Identity" のところで Distribution 用の適切なコード署名(プロビジョニングプロファイル)を選択したら【Next】ボタンをクリックすると、バイナリの検証が行われます。

検証が終わると "Validation Succeeded" という画面が表示され、"No issues were found in アプリ名" といった内容のメッセージが表示されルことを確認します。

 

ここまで来ると、Organizer の Archives の "Status" 表示が "Passed Validation" となりました。

Archives のステータス表示が Passed Validation となりました。

ただ、まだこの段階では iTunes Connect にはバイナリが登録されていないので、引き続き、Organizer の Archive 画面から【Submit】ボタンをクリックします。

そうすると、再び先ほどのように "Please provide your iTunes Connect login credentials" という認証画面が表示されるので、先ほどと同じ "Application" と "Identity" を選択して次へ進むと、バイナリのアップロード処理が始まりました。

しばらくすると、iTunes Connect へバイナリファイルが転送されて、"Submission Succeeded" という画面が表示されます。

iTunes Connect へアプリの転送が完了しました。

これで、Organizer の Archives の "Status" 表示は "Submitted" に変わりました。

iTunes Connect へのアプリの転送が完了しました。

iTunes Connect でのアプリの状態も "Waiting for Review" に変わり、これで Xcode4 でのアプリの転送作業は完了です。

Xcode3 では、ビルドしたバイナリを自分で ZIP 圧縮した上で Application Loader で転送しなくてはいけませんでしたけど、Xcode4 ではそれらの一連の作業を Organizer から実行できる感じになっていて、やり方を知ってしまえば簡単ですね。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.