[ SPECIAL ]

HTML

IE8 の互換表示ボタンを表示させないページを作る

2011/02/18 Tomohiro Kumagai

□ IE8 の互換表示ボタンを非表示にする

作成した HTML ページを Internet Explorer 8 で表示させると "互換表示" ボタンが URL の横に表示される場合があります。

これは、Internet Explorer の以前の バージョンを想定して作成されたページが、新しいバージョンの Internet Explorer でも意図した通りに表示できるよう、閲覧者が表示モードを切り替えて表示できるようにするためのボタンです。

このボタンを押すことで "互換表示" モードと "標準" モードとをサイトごとに切り替えることができるようになっているのですが、表示モードによってはレイアウトや JavaScript の実行結果が変わってきてしまう場合があるため、これを閲覧者によって切り替えられては都合が悪い場合があります。

 

そのような場合、HTML ページのヘッダーに次のような記載を含めることで、互換表示ボタンを表示させないようにすることができます。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">

このようにすることで、この HTML ファイルは IE8 準拠の表示モードで表示させるように Internet Explorer へ指示することができます。そしてInternet Explorer 8 は、表示モードが指示されれば、閲覧者にそれを切り替えさせるための互換表示ボタンを表示しなくなります。

指定できる表示モードは "IE=5", "IE=7", "IE=8", "IE=edge" などがあるようです。

"IE=edge" というのは、閲覧している Internet Explorer が対応する最新の表示モードを選択させるという意味合いになります。また、"IE=5; IE=7; IE=8" というように、複数の表示モードを指定することで、その中から閲覧者の Internet Explorer が対応する最新の表示モードを採用することも可能だそうでした。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.