[ PROGRAM MEMO ]

[ EZ-NET: プログラムメモ ]

■ LinkLabel を使用する。

.NET Framework 対応?
Microsoft Visual Studio 2005 対応?

LinkLabel コントロールを配置して Text に URL を設定したとして、ただそれをクリックしただけではリンク先を表示させることはできません。

LinkLabel と Text プロパティを利用して簡単に URL を表示させたい場合には、LinkClicked イベントの中へ次のような感じでコードを記してあげればいいようです。

private void link1(object sender, LinkLabelLinkClikcedEventArgs e)
{
    LinkLabel obj = (LinkLabel) sender;
    System.Diagnostics.Process.Start(obj.Text);
}

これだとリンク周りの処理としては LinkLabel コントロールに頼る必要もなかったりするので、マウスカーソルや文字色の調整辺りの機能が備わっているコントロールなので、その辺りを利用する感じになります。

これ以上はまだ調べていませんけど、LinkLabel にはまだまだ細かい機能が備わっているようで、引数 e に渡された LinkLabelLinkClickedEventArgs オブジェクトの Link オブジェクトを活用するといろんなことができるようになっているみたいです。

Last Update: 2006/09/16 17:16:24



 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.