[ MEMORANDUM ]

EZ-NET 備忘録

2009/07/10 Tomohiro Kumagai

 

□ Microsoft Word で最終ページ番号の表示を調整する

Microsoft Word 2007

■ 概要

Microsoft Word 2007 で、例えばフッターに "1/3" というようなページ番号を表示したとします。

そのとき、たとえば表紙にはページ番号を付けずに、次のページから 1 とカウントしたりすると、最後のページが "2/3" となってしまう場合があります。そういうときには、最終ページ番号を示すフィールドコードを編集することで、適切なページ番号を表示することができます。

 

■ 総ページ数を示すフィールドコード

通常、文書の最終ページを示すフィールドコードは、次のようになっています。

{ NUMPAGES }

 これは、存在しているページ総数という意味になります。

 

■ 最終ページ番号を示すフィールドコード

最終ページ番号と総ページ数が同じ場合は良いのですが、ひゅ押しを 1 ページとしてカウントしていない場合には、最終ページ番号が実際のページ数と異なってきます。

その場合、次のようにフィールドコードを調整することで、最終ページ番号を表示させることが出来ます。

{ = { NUMPAGES } - 1 }

 編集時の注意点としては、「Ctrl」 + 「F9」 キーを押すことで、フィールドコードを入力するための "{ }" が入力できるといったところでしょうか。これを 2 回押すことで "{ { } }" といった状態になりますので、= や NUMPAGES 等の必要な式を入力して行きます。

「F9」 キーを押せば、フィールドコードの値が更新されるので、これで、最終ページ番号を適切なものに合わせることが可能となります。

 

また、フィールドコードとその値との切り替えは、[Alt] + [F9] によって行うことが可能です。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.